体験談!アラサーからの女子一人暮らし!きっかけから現在の生活まで【5】

センスがないなりのインテリア編

こちらの記事は、シリーズものでお送りしております!

これまでのあらすじ

昔から厳しかった親にも、無事に一人暮らしを切り出すことに成功。
実家の自室の断捨離を終え、引っ越し屋さんは使わずにちょこちょこと物を運びつつ
楽天などでがっつりお買いもの。
洗練されたデザインのマグカップやカトラリーを揃えてルンルン気分のわたし。
さて、肝心のインテリアはどうなる!?

●関連記事●
インテリアをおしゃれにするコツは?安い&流行は?2018年版
体験談!お金をかけずにおしゃれな部屋♪良いものを買う!一人暮らしの雑貨も★

スポンサーリンク

かなり恥ずかしいですが、わたしの部屋を晒します。

きたねえええとか言われそう!お目汚し失礼します!
アラサー 一人暮らし インテリア,男前インテリア 一人暮らし,シンプル インテリア 賃貸
カーテンひきずってるし。
ちなみにおこたはおばあちゃんの家からもらってきました。
アラサー 一人暮らし インテリア,男前インテリア 一人暮らし,シンプル インテリア 賃貸
水垢が……苦笑
ちなみに洗剤は『colony2139』という大好きなブランドのものです。

スポンサーリンク

アラサー 一人暮らし インテリア,男前インテリア 一人暮らし,シンプル インテリア 賃貸

こんな感じで、お洒落でもなんでもないし
男の部屋やん!彼氏の部屋やんwwwwって感じです。

インテリア類は、基本的に黒とか茶色とかダークトーンものを選んでます。
カーテンとかは面積が広いので明るめの色にしていますが。。。
下手に有彩色使うよりも統一感出やすいしねえ。

白か黒か選べるなら黒を選んでます。

理由はありがちなんですが、白が汚れやすいからです。

この色合いは過去のトラウマから

前回、大学生~社会人1年目の頃に一人暮らししたとき、
それはそれはズボラな生活をしており、部屋はごみ屋敷でした。
友達がいなくて誰も来なかったのもあり、
カビが生えるなんて当たり前。
醤油とかお茶とかこぼしても拭かない。

ある年の夏休み、実家から帰ってきたら物凄い悪臭。
ベランダに放置していたゴミ袋には蛆虫が。。。

さらに、退去するときにトイレや浴槽のカビが落ちない!と
焦った記憶が……

いまでは改心して人間として最低限の整理整頓清潔を心がけていますが、
なんでこんな生活をしていたのか今思えば不思議です。

そういう過去を持つため、
今回も一人暮らししてカビ映え放題だったらどうしようとか、
白い家電とか置いたらシミつきまくりでとれへんやん~!
みたいになったらどうしよう!!!

と、危機感が沸いていたので、
今回はできるだけ黒やこげ茶のものを選ぶようにしています。

っていうズボラな理由w

あと、男前インテリアが流行ってるとか

昔一人暮らししてた時のインテリアの系統は、
カントリー→ピンク系と推移していました。

カントリーは、風合いのある明るい茶色の木目の家具を置いたり、
アンティークなペンダントライトに変えたり、
アイボリーを基本色にして
ポイントカラーに赤を使ったり♪

ピンク系は、とにかくできる限り何もかもをピンクで統一しました。
イチゴモチーフとかリボンモチーフとかかわいいもの大好き!!!
カーペットも、こたつもピンクでした。

今思えば若気の至りやな~www
そして時代やな~www

どちらも今の流行っぽくないし、
わたし自身服装はモード系になりつつあるしなあ。
センスがないくせに変に個性出すのも嫌だなあ。
極力飾ったり物を置いたりするの面倒だしなあ……などと思っていました。

そうしてネットとかでブロガーさんのインテリアをリサーチしてるうちに、
『男前インテリア』
なるものが流行っているということを知りました。

なるほどとりあえず
ソファとかベッドカバーとかカーテンはデニム生地のものを。
そして黒系の家具とか置いてかっこいい感じにするんやな……。
女子の間でも流行ってるのか!なんや楽そう!
わたしの目指している系統に近いかもなあということで、現在のような感じになりました。

しかしインテリアって難しい

わたしはインテリアセンスがないぶん、アイテム選びも慎重になってしまったのですが、
それにしてもなんだか普通な感じで、
センスはみじんも感じられない、誰からも褒められない。。。

模様替えするにもけっこう大変だしねえ。
色々捨てて色々買いなおさなきゃいけないでしょ。

インテリアはもっと勉強が必要だなあと感じたのでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

スポンサーリンク

→次回はコチラ【ごみ屋敷対策編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。