ひな祭りの献立もおしゃれにしたい!簡単にカフェ風♪


最近はインスタブームで、
献立も彩りがあり、お洒落なカフェ風のものに注目が集まっています。

今年は、ひな祭りだって見た目も華やかなカフェ風メニューにして
娘さんといっしょにテンションを上げたいですよね!

でも、何をどうすればひな祭りの献立を
簡単に、おしゃれに美味しくできるのでしょうか?

そんな疑問をお持ちのあなたに、
今回は提案をしていきたいと思います♪

関連記事
体験談!おしゃれなちらし寿司のレシピ 2人前で一人暮らしにも◎
ひな祭りのテーブルコーディネートを簡単に 一人暮らしと2人のとき。

スポンサーリンク

ひな祭りの献立もおしゃれにしたい!

ひな祭りの献立をおしゃれにしたいとは思うものの、まずは何から手をつければ良いのかわからないですよね。

ですが、ひな祭りのメニューの主役といえば断然『ちらし寿司』。

ちらし寿司は一番のデコりどころ。
創意工夫の魅せどころです。

最近インスタやレシピサイトにはいろいろなアイデアが載っています。

中でもカフェ風でおすすめなのは
『カップ寿司』です。
透明なカップにお寿司を詰めて、それぞれのカップで上のデコレーションを変えます。

イクラやきゅうりを盛ったりサーモンを盛ったり……。

一気に食卓がおしゃれに変身します。

また、ケーキ型を使ったミルフィーユ状のケーキ寿司も華があります。
鮭フレークや野沢菜ふりかけ、錦糸卵などで段々に彩って。

牛乳パックを利用してひし型に整えれば、
ひし餅風のちらし寿司のできあがりです。

サーモンはお花のようにくるっと巻いて上に乗せると
可愛く、プロっぽい盛り付けになります。

ちらし寿司は、それだけでカラフルできれいな見た目なので、
盛り付け次第でよりお洒落な雰囲気が格上げされます♪

ひな祭りの献立を簡単に作るには?

ちらし寿司にはまぐりのお吸い物……。
ひな祭りって何かと作らないといけないものが多いんですよね。

おしゃれさは絶対に譲れないところですが、
なんとか簡素化できないものでしょうか?

木の器がとにかく使える!

ちらし寿司に関しては、『ちらし寿司の素』を使って簡単に仕上げても良いでしょう。
それを木のボウルに盛るだけでも、
カフェっぽい雰囲気になります。

はまぐりのお吸い物も、木製の味噌椀に注いで三つ葉などを乗せるだけで
どこかカフェっぽい雰囲気に。
わたしが愛用してる味噌椀は、無印良品のものです。
持っておくと、何を入れてもカフェっぽいのでおすすめです。

関連記事はコチラ。
節分メニューにも。

おやつは市販でOK

菱餅ゼリーや桜餅、ひなあられなどは市販のほうが
クオリティが高いので、

ご飯に気合を入れたらおやつは手作りで済ませちゃいましょう。

おやつには桜茶をプラスしても
見た目もきれいで癒されますよね。

そして、ひなあられは各地方によって見た目も味もそれぞれですが、
個人的なおすすめは
香川の『おいり』です。

カラフルな見た目がとても可愛く、
ガラスの器に盛り付けるだけでおしゃれです。

通販などで手に入るので、ひな祭りまでにゲットしてみては?

スポンサーリンク

ひな祭りの献立もカフェ風に♪

さて、ひな祭りの献立をもっともっとカフェっぽくして気分を高めたいところです。

ちらし寿司のかわりに、もしくはちらし寿司にプラスして
てまり寿司はいかが?

ころんとして可愛く、
木のお盆に整列させるように並べれば
インスタ映えも間違いありません。

サラダは普通に、レタスやグリーンリーフをベースに
ミニトマト、えび、サーモン、アボカド、れんこん、ゆで卵などで彩るだけで
食卓の色バランスがよくなります。

また、洋風のメニューをプラスするのもいいですね。
ミートローフは見た目も楽しいし、
鶏肉の照り焼きなども。
そして菜の花を茹でたものを添えれば春らしい雰囲気もばっちりです。

菜の花のキッシュなんかもおしゃれで美味しいですよね。
菜の花とベーコンをフライパンでさっと炒めて牛乳、卵、マヨネーズや塩コショウと混ぜ、
器にパイシートを敷いたら材料を流し込みオーブンに入れます。
表面が焦げそうな場合は、アルミホイルをかけて焼き上げてくださいね。

個人的おすすめは、簡単にできて華もある、デビルドエッグです。

イースターのおかずに気軽に作れてかわいい、そんなレシピを体験談も添えてご紹介します!!

まとめ

さて、色々とひな祭りのカフェ風メニューを挙げてみましたがいかがでしょうか。

女の子はやっぱり可愛くきれいなものが大好き。

今回ご紹介したアイデアは小さなお子様にも食べやすく、
見た目も楽しく、インスタ映えもするかと思います。

盛り付けをちょっと工夫するだけでも食卓は華やかになります。

ぜひこの中から、お好みのメニューを作って

楽しく美味しいひな祭りを過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。