肌を白くする方法 正しい日焼け止めの塗り方 地黒でも絶対諦めない!

わたしは、人一倍日焼けしやすいタイプだと思います。
日頃の通勤だけで、海に行った人並みに真っ黒になってしまいます。
男子よりも黒くなってしまうのがコンプレックスです。

なので、この春夏からはかなり本気で美白に取り組むことにしました。

関連記事→女磨き何をすれば?自分磨きに必要なこと 透明感のある女性になるには?

肌を白くする方法 手っ取り早いのは!?

わたしは、今年の5月からうつ病を発症して、
そこから会社を休み、引きこもりの生活をしています。

そして、驚いたことにみるみる肌が白くなって言ったのです。

1週間ほど、日中外に出なければ
平均より少し白い程度、そのへんの赤ちゃんよりも白いぐらいになります。

日に焼けないうちに、アラサーのわたしでも新陳代謝が追いついて
少しずつですが白くなっていくみたいです。

当たり前のようで重要なこと、それは
とにかく焼かないことです。

以前、youtubeですごく色白のyoutuberさんが、
家にいるときはカーテンも閉め切っているとおっしゃっていたのを聞いて、
わたしも家にいるときはほぼカーテンを閉め切っています。

……でもね、
『あんたは仕事してなくてひきこもっていられるからいいじゃない!』
『私は毎日1時間自転車通勤なんだから!』
……そんな声が聞こえてきそうなので、以下に外出する際の解決策を書こうと思います。

スポンサーリンク

肌を白くするには日焼けしないようとにかく防御!!!

まず、日中に屋外にいる限りは必ず焼けます
服を着ている部分はそこまで影響はありませんが、日焼け止めを塗ろうが日傘をさそうが必ず焼けます。
だから、念には念を。
SPF50の日焼け止めに日傘は標準装備です。
夏以外だと日傘を差すのは抵抗があるかもしれませんが、
それでも日焼け止めだけは年中厚塗り&重ね塗り必須です。

日焼け止めに関してよくある誤解

わたしも、今年になってはじめて正しい日焼け止めの塗り方を知りました。
正しい塗り方を知ってからは、
いかに以前までの塗り方が雑だったか、
あんな塗り方だったら焼けて当然だと反省しました。

まず、誤解されやすい知識なのですが、
SPFとは紫外線があたってから皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に長くできるかという単位で、
SPF1で20~25分ぐらいにあたります。

ということは、SPF30ぐらいでじゅうぶん一日の日照時間カバーできるやん!!
と、去年はSPF30ぐらいの、赤ちゃんでも使える石鹸で落とせるタイプの日焼け止めを
朝にぺぺぺっと塗って、朝時間がないときはサボって、そのまま1日過ごしてたんですが………、

見事にまっくろくろすけになりました。

実はSPFの値というのは、かなーり厚塗りして実験して出した数値で、
もったいないからと節約気味に薄塗りすると、防御力が10分の1程度になってしまうんです。
なのでSPF30だったらSPF3まで弱体化します。

ただでさえ、汗とかでながれるから
日焼け止めって塗り直しが必要と言われてるのに、
そんな雑にやってたら夏の強い日差しのなかで黒くならないわけがありません。

正しい日焼け止めの塗り方は?

さて、これで日焼け止めはケチらずがっつり塗らなければいけないということがわかりました。
わたしの知り合いのモデルさんは、1日の撮影で1本日焼け止めを使い切るとか。
プロってすごい。。。。

で、目安としてどのぐらい日焼け止めを使えば良いのか?ですが、
顔に塗る分だけで、500円玉1枚分です。
500円玉分の面積と解釈すると、日焼け止めの硬さによって量がものすごいことになると思うので、
とりあえず500円玉1枚分の体積とわたしは解釈してます。

まずは左手の甲に500円玉分の日焼け止めを出して、
それを右手の人差し指、中指ですくって頬や鼻の頂点、あご、おでこなど各箇所に乗せていきます。
日焼け止め 肌を白く,肌を白く 日焼け,美白 日焼け止め
それを、タッピングするように肌になじませます。
塗り伸ばすよりも、トントンとタッピングするほうが肌に定着し、落ちにくくなるそうです。

ただし、量を多めにとっているので、馴染ませてもバカ殿みたいに真っ白の顔になってしまいます。
その浮いた分の日焼け止めを、耳や首、デコルテまで伸ばします

スポンサーリンク

腕は、袖が汚れないようにめくって、
二の腕から手の甲までびよーーーーんと、日焼け止めを容器から直接出します。
わたしは、特に焼けやすい指先にもちょんちょんと出しています。
日焼け止め 肌を白く,肌を白く 日焼け,美白 日焼け止め
そしてまたそれをタッピングするようにして伸ばします。
腕の裏も、日焼けしにくいですが伸ばしておきます。

脚や足の甲が露出する服装の場合は、腕と同じような容量で塗っていきます。

ほんとに美白を目指すなら、SPFとPAは高めで!

SPF30の日焼け止めでまっくろくろすけになったわたしの失敗談からして、
本気で美白を目指すならSPF50以上のものを使ったほうが安全です。
(ただし、お肌の弱い方は気を付けてくださいね!)
わたしは、これからの秋冬にもSPF50を使い続けたいと思っています!

屋外に長時間いる場合は、2度塗りしておこう!

ちょっと通勤とか、ちょっと病院程度なら、
上記の塗り方でプラス日傘をさしておけば大丈夫かと思いますが、
屋外に長時間いる場合は2度塗りが必要です。
わたしが先日遊園地に行ったときは、2度塗りしてさらに、途中でウザいぐらいに塗り直しをしてましたw

海やフェスなんかのときは、3度塗り4度塗り5度塗りしてもいいぐらいかも!?
顔がテカる!?
いやいや白い肌を守るほうが大事!!!と思います!w

ファンデーション等もUVカットものをチョイス!

首や腕はこまめに塗り直しができますが、顔はメイクもするし、塗り直しが難しいです。
その分、化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーも
UVカットのものを選びましょう。

エチュードハウスのファンデーション口コミ!spf50でpa+++だと!?

なんならマスクもしちゃう

全身の中で顔が特に焼けやすいのは、年中露出しているからです。
なんなら顔にも服を着せたらええやん!
……ということで、メイクの薄いときにはマスクをつけています。
可愛くメイクしたいときももちろんありますが、
ちょっとスーパーや病院行くぐらいなら、
メイクする時間を割いて日焼け止めをしっかり塗って、マスクしちゃいましょう!(笑)

スポンサーリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。