休職することになった うつの場合過ごし方は?【体験談あり】

休職 うつ 過ごし方,うつ 休職 罪悪感,うつ 休職 申し訳ない
最近、うつで休職することになったあなたへ。

いままでよく頑張りましたね。

わたしも実は、今年の5月からうつにより会社を休職しています。

休職したばかりのときは、

『意外と元気なんだけど……本当に休んでて良いの?』
『会社の人に見つからないようにしなきゃ、部屋の電気もずっと消して、気配を消して……。』

など考えていました。

『休職だ!好きなことするぞ~ヒャッホウ♪』
とは、とても思えませんでした。

それと同時に、わたしのように休職する人って、
どんなふうに過ごすんだろう?と気にもなりましたので、

わたしも参考までに
休職生活をどのように過ごしてきたのか、書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

うつ急性期から、元気になるまで

急性期の過ごし方

わたしは、精神科初診の日に診断書が出て、会社を休むことになりました。

先生からは
『とりあえずずっと寝てたらいいですよ。あとは散歩とか。』
と言われたので、
『寝る前30分で綺麗になる 催眠リラックスダイエット』
というオーディオブックを聴きながら、
眠くなくても、とにかく昼夜構わず寝るようにしました。

あとは、メルカリで3DSのゲームソフトを購入して、ずっとやっていました

わたしは社宅住みだったのですが、
会社の人に見つかって『なんや元気やん、ズル休みやん』とか思われることが怖くて
とにかく気配を消していたくて
終業時刻の18:00以降はずっと電気を消して暗闇のなかでゲームをしていました。

因果応報といいますか、当然視力はがた落ちしましたが、
ゲームに没頭しているとなにも考えなくてすむので、よかったなあと思います。
ゲームって仕事してるとなかなか始められなかったりしますしね。

そして思ったのが、『自分が意外と元気』ということです。

無気力で、死にたいとか、申し訳ない気持ちがぐるぐるしていて、泣けてくるのですが
Youtubeを見て笑うことができるし、運動もできます。

ほとんどひきこもっていて、なにかを解放したい気分だったので
会社を休み始めて1週間後、
通院のあとヒトカラに行きました
大好きなマニアックな曲をたくさん歌ってすっきりしました。

あとは同じように、内に籠ったストレスの発散、
ゲームのしすぎによる肩こり解消のため
寝たきりの状態から突然、ラジオ体操の第一~第二を3セット繰り返してやったりしました
さすがにヘトヘトになってしまいました。。。。

やっぱりうつになると、体力も落ちてしまうものなのかなと思いました。

参考 うつで休職中の過ごし方 一人暮らしはお金がないし暇……?休職ライフスタイル

『意外と元気』な自分に反発する

意外と元気だけど、復帰はしたくなくてしょうがない状態でした。
それなのに意外と元気で、全然働けそうな自分が嫌で、

わたしは詐病なんだ、わたしみたいなのがいるからうつが甘えって言われるんだ
と自分を責めたりしました。

病院に行って
『良くなってきていますね』
と言われるのもなんだか喜べず、

ODまではいかずとも、
薬を飲んだり飲まなかったり、飲まなかった分を2日分とかまとめて飲んで
しんどくなって寝込んだり

あえて深夜に24時間スーパーに出かけたり、
ゲームで徹夜して明るくなってから寝たり

あえて『不良メンヘラ』的な生活をしたりしてました。
今思えばめっちゃ痛いですねww

スポンサーリンク

自分を少し許せたとき

ある日、社宅の前で偶然会社の同じチームの後輩に遭遇してしまいました。
会った瞬間彼女に泣きついてしまうわたし。

全然元気なのに休んでて申し訳ない 的なことを言ったら、

『元気でいてくれるのが一番ですよ。
 元気なのを申し訳ないなんて思わなくていいんですよ。』

って言ってくれて……号泣してしまいました。

前向きな気持ちになれたきっかけ

あるとき、会社の、わたしが所属していたチームの飲み会に誘われました。
飲み会というか、寿退社する先輩の送別会だったので、正直乗り気ではなかったのですが行くことに。

今、一番わたしのせいで迷惑をこうむってる人たち、
わたしの尻ぬぐいをしてる人たちに会うということで待ち合わせ直前には
緊張で泣き出しそうになったのですが、

やっぱりチームのみんなに会うなり泣きついてしまうわたし(笑)

で、その飲み会の場で、先輩のくれた一言でわたしの気持ちは一気に前向きになったのでした。

わたしの復帰はいつなのか、とかそういう話のとき。

『しあさん、他にもっと良いところ(転職先)あると思うけどなあ。』と。

この一言をきいてから、わたしの気持ちは軽く、前向きになりました。
たぶん、潜在的にいまの会社から逃げたいということ以上に
新しい道に進みたいという気持ちがあった
んだと思います。

気持ちは前向きでもうつの症状はあった

気持ちが前向きになってきたので、
じつは興味があったブログ活動の勉強を始めてみたり

ダイエットに打ち込んだり

ただ、いろいろエネルギッシュになりすぎて、
すぐにぐったりしてしまったり。

確実に回復傾向にはあったのですが、

うつにありがちな
『鬱陶しい気分』も時々ありました。

転職活動をはじめる

ほんとうは、ブログの勉強に打ち込んでそれを専業にするのが第一志望だったので
転職活動はあまりやる気がなかったのですが、

わたしと同じように会社をうつで休職→退職したことのある
元上司の誘いで、いまのわたしのライバル会社の紹介を受け
面接に行くことに。

結局その会社は落ちてしまいましたが、

そこから転職活動もやる気になり、その次に受けた会社に無事内定を頂きました。

結局、何でもやっていました

休職したての頃に、
『転職活動とか、旅行とか、学校に行ったりとか……ダメだよねえ?』
と、知恵袋などを巡回しながら思っていました。

でも、今振り返れば
そのダメだと思っていたことは、ほとんど全部やっています。

例えば

転職活動、学校(週1程度の)に通う
デート、旅行
浴衣を着てお祭りに行く
ライブやクラブイベントに行く
副業(といっても収入はほぼゼロです)
イベントスタッフ(友人の手伝いなので無給)
オフ会への参加
ピザを出前して一人で食べる

など……。
うつで休んでいる人が、『やっても良いのかな?』
と不安に思うことはほとんどやっている気がしますw

休み始めた当初は、お洒落をすることすら抵抗があり、
毎日TシャツにGパン、すっぴんにマスクで外に出ていましたが、

しだいに都会で友達と遊ぶときなんかは
ばっちり化粧もしてカラコンも入れて、お洒落をして外に出るようになりました

参考 うつマッピングをやってみて効くことや治す生活を洗い出してみた!休職ライフスタイル

完全に引きこもるのはヤバイ。

うつ急性期は、一日中寝ていることもあるし
外にでるのもしんどい時があるかもしれませんが、
元気になってきたら、できるだけ ゴミ出し程度でも良いので外に出るようにしましょう。

いっとき、紫外線に少しでも当たるのが嫌なのと、
ブログ活動に打ち込みたいのとで、

カーテンをも閉め切って
何日も一歩も外に出ない日が続いた時期がありました。

買い物も、ネットスーパーで済ませていました。

すると、だんだんうつにありがちな
鬱陶しい気分になったり、だるくなったりした症状が再発するようになったのです。

過食、過眠ぎみになったり。

やる気もなくなってきたり。

かなり回復してきていた時期だったのでおかしいなと思っていたのですが、

お医者さんいわく
一日一回は外に出て下さいね。

とのこと。

やっぱり運動不足になってしまうし、
いくら日焼けしたくなくても、日光に当たる時間が少なくなってしまうと
セロトニンの量も不足し、うつ症状がでてしまうみたいなのです。

先生からのアドバイスをいただいてから、
言われたとおり毎日1回は外にでるようにしてるのですが、

やっぱり外に出ると気持ち良いものです。

昼間ぐだぐだしていて出るのが夜になってしまうこともあるのですが
それでも外に出るのは気持ちが良いです。

それに、朝起きたらカーテンを開けたりすることによっても
気分がすっきりとするようになってきました。

いくら日焼けしたくないとはいっても、
日光は心身の健康に必要なものなので、適度に浴びるようにしたいですね。

周りがどう思うかは気にしなくて良い

うつ急性期に無理に転職活動を始めたりとか、
無理に充実させようとスケジュールを立てたりするのはやめたほうが良いかと思いますが、

基本的に『やってはいけないこと』というのはありません。

あまりに開放的になりすぎるのは
ズル休みのようで気がひけるかもしれませんが、良いのです。

ズル休みでいいんです。

うつ急性期は無理に動きすぎないほうが良いですが、
やりたい、できるなと思ったことは、遊びでもなんでもやっていくことで
どんどん回復していきます。

案外、『みんなに仕事で迷惑かけまくっているくせに遊びやがって』
なんて言う人は少ないものですよ。

ときどき、理解のないようなことを言われるかもしれないのですが、
言いたい奴に言わせとけ です。

せっかくがんばってきたのですから、
いやになるぐらいだらだらして、めいっぱい好きなことをしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪

スポンサーリンク

●関連記事●
体験談!一人暮らしをやめて実家に帰るメリットとデメリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。