集中できない時、作業の効率を上げる方法は?【体験談あり】

集中できない 作業 方法,集中 できないとき

仕事や家事、その他趣味の作業なんかでも、
なかなか思うように集中できず進まない……なんてことはないでしょうか?

わたしは、よくあります。

わたしは今までに、色々と集中力をアップさせる方法や時間を有効に使う方法、
やる気を出す方法などを

調べては試すを繰り返してきました。

その中でも、今まさに実践中で特に気に入っている方法を共有させていただきたいと思います。

スポンサーリンク
  

『決意すること』『気合を入れること』は無意味

頑張らなきゃ…こんなんじゃダメだ……
よっしゃやるぞー!!

と、無理に自分を奮い立たせること。

これはよくやってしまいがちなのですが、
余り良い方法ではありません。

自然とやる気が湧きあがってくる分には良いのですが、

心身ともにだるい状態から無理やり自分を奮い立たせるということは
それだけで無駄に多くのエネルギーを消費してしまい、

結果その後の仕事はすぐに集中力が切れてしまいます。

逆に、
『目標のハードルをとことん下げる』
『何も考えずにとりあえず始める』

そして『嫌になる前にやめる』

これらの方法を組み合わせることがとても効果があります。

このやり方だと、決意するといった無駄なエネルギー消費もなくなるので、
習慣として続けやすくもなります。

そして、この
『目標のハードルをとことん下げる』
『何も考えずにとりあえず始める』
『嫌になる前にやめる』

が、上手いこと仕組み化されたのが

スポンサーリンク

『ポモロードテクニック』というものです。

ポモロードテクニックとは?

ポモロードテクニックとは、集中力をアップさせ作業効率を上げ疲れにくくするための
一種の簡単な時間管理方法になります。

その方法はごく簡単で、

・25分作業する

・5分休憩する

の、繰り返しです。

25分という時間の制約ができることで、
自然とその25分以内で何をしなければ、という目標ができ、
その作業だけに集中ができるのです。

もし時間の縛りがなければ、やることも多いし、何から手を付けてよいのかわからなかったり
疲れていたり、他のことを考えてしまったりなどがあるのですが、

25分というタイマーをセットしておくことで、
『とりあえず●●はじめよう!』
と、目の前のことにすぐ取り組めるようになるのです。

そして、25分おきに5分の休憩があるので、
そこで疲れをとる事ができるし、
『そこまではサボらず頑張ろう。』という小さな目標もできるのです。

会社で疲れないために、定時退社するためのノウハウとしても使えます。
以下の記事をご参考に♪

新生活がはじまり、気になるのが『ワークライフバランス』です。仕事以外でプライベートでやりたいことや夢に向けた活動の時間は、必ず毎日しっかりととりたいものです。そのためには仕事はきっちりとやりつつも疲れてしまわないことそして定時に仕事を終わらせて気まずい空気感なくさくっと帰りたいですよね。今回は、そのためのヒントをご紹介したいと思います。

専用のタイマーもある。

ポモロードテクニックはかなり有名な方法で、

専用のタイマーも存在します。
しかも、PCのブラウザでも使えて、愛用させてもらってます。

また、iPhoneやアンドロイド用にもアプリが作られているので
出先でもありがたい存在です。

まとめ

時間の使い方を少し変えて、ちょっとしたツールを取り入れてみるだけで、
集中力がアップし、ラクして成果も出すことができます。
ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。