エイプリルフールの面白いネタ twitter用のセンスのいい嘘は?

エイプリルフール 面白いネタ,エイプリルフール ツイッター ネタ,エイプリルフール センスのいい嘘

毎年、エイプリルフールは何か嘘をついたりしていますか?

なかなか、当日になるまで忘れていたりして、
毎年『来年こそはクオリティの高いネタを仕込んでおくぞ!』とか意気込んでしまうんですが、

結局毎年忘れちゃって……のループだったりするんですよね(笑)。

エイプリルフールって、案外あなどれないクリエイティブセンスの問われるイベント。

エイプリルフールに乗っかる企業も年々増えていて、
各企業のホームページやSNSがつい面白くてチェックしてしまいます。

今年はあらかじめ、twitterなんかで使えるネタを考えてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

エイプリルフールで使える面白いネタって!?

わたしが実際にやった過去のエイプリルフールネタを振り返ってみると、
嘘バレバレなくだらないものが多かったです(笑)。

今日から、トイレの水流すの禁止って法律で決まったから!!
 絶対流したらあかんで!!

とかw

あとは、昔バンドをやっていた頃に、
事前にメンバーの許可を得てスパイ役の映画俳優の写真と合成してクソコラを作り、
私達はバンド活動を終了し、スパイ集団として生まれ変わります。
 これからも応援よろしくお願いします。

と、クソコラ写真つきでブログに載せたこともあります。

ウケたかどうかはわかりませんが、
わたし自身は確実に楽しんでいました(笑)。

要は、しょうもなくても自分自身が楽しめればOKってことですね。

『あきらかに嘘バレバレのくだらないネタ』
というのは、けっこうハードルも低く楽しめるのでオススメです。

エイプリルフールにツイッターで使えるネタは?

面白い人ばかりが集まるSNSがツイッター。
エイプリルフールには素敵なネタを披露されている方が多く、
クリエイターのわたしとしては刺激を受けます(方向性ちがうやろというツッコミはさておき……)。

昔、SNSで印象的だったのは、
まったく架空の場所に旅行へ行ったという架空の日記です。
たくさん載せてある写真も全て拾い物。

完全に騙されました……w

あと、わたしもよくやるのが、
プロフィールをアイコンもろとも全部変えてしまって、
完全に別キャラとしてツイートする
ものです。

あと爆笑したのは、身近な人をだました報告として
『梨だよ』と言って、リンゴ状にカットした大根を食べさせたとか、
『アセロラゼリーだよ』と言って梅酢をゼラチンで固めたものを食べさせたとかw

よくある嘘で結婚報告なんかも、
ほんとうに真面目な結婚発表風に書いているのに最後の一文に
最後になりましたが、この話はウソです。』とさりげなく書いてあったのも、センスがあって爆笑してしまいました。

ツイッターのウソは、笑える系がやっぱり良いですね。


スポンサーリンク

エイプリルフール センスの良い嘘とは

一番簡単だけど、楽しめるのが
相手の嘘に乗っかるというものです。

ツイッターで『空飛べるようになった』でも何でもいいので
嘘をついている人がいたら、
あなたも乗っかってリプしてみましょう。

わたしも実は空飛べるんですよ!!
 去年の2月ぐらいに習得したんですが、
 ●●さんもなんですね!仲間ですね~^^

みたいな具合ですw

また、いろいろと例の提案をさせていただきましたが、
もっと面白いものが良い!とか、自分で考えたオリジナルじゃないと!!

と、思われるかもしれません。

そこで、センスの良いアイデアを生み出すのに個人的にオススメなのが
モーニングページ』です。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

仕事が忙しすぎて頭がいっぱいで空回り……、とか、失恋して何も手につかない…とか、人間関係でのイライラ、やる気が起きないなど色々な悩みを簡単に解決してくれるのが『モーニングページ』です。方法を紹介しているので、ぜひ気軽にやってみましょう!

モーニングページというのは頭の中のことをひたすら紙に書きだすというものなのですが、
この作業を行っているうちに自然と頭の整理ができて、
思わぬアイデアが降ってきたりします。

ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

毎年当日になってから思い出すエイプリルフール。

今年は、前もってネタを仕込んでみてはいかがでしょうか。
ツイッターなんかは特にネタを披露するのには絶好の場です。

モーニングページのようなメソッドも活用しつつ、
センスの良い嘘でみんなを笑わせちゃいましょう♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。