体験談♪センスを磨く 本を読んで実行するのを現在実践中!

センスを磨く,本 実行する

以前、『ノウハウ本を実行できるか!?』シリーズの記事を書いておりましたが、
今回の課題図書『センスは知識からはじまる』(水野学著)を7回読んで
『実行すべきことを洗い出し編』を書いてからは、

少しずつ習慣化しようとしています。

ただし、本当に少しずつなので、
今回は中間報告記事を書いて、自分の気をひきしめるとともに
どんな効果を感じたのかをご報告させていただきたいと思います!

過去記事はコチラ!
実行できるための考察編
7回読みレポート前編
7回読みレポート後編
実行すべきことを洗い出し編

スポンサーリンク

『毎日本屋に通う』を実行中

洗い出し編では、リンク先を見て頂ければ早いのですが(すみません)
本に書かれていたことの中から
ほんとうにたくさんの課題を洗い出しています。

その中で、特に実行しやすく、
気持ち的にも一番興味がある課題

1日1回書店に行き、5分で1周してみて、気になったものを手にとってみる。
購入もしくは立ち読みする。

を、やってみています。

この習慣がなかなか、自分の中での毎日の楽しみになってきています。

途中経過で出た変化。

毎日本屋を一周ずつして、『ピン』ときて立ち読みする本は、
その日によって全然ジャンルが違います。

でも雑誌が多いかな?

お菓子のレシピ本だったり
メンズ雑誌の中で一番初心者向けであろう『FINEBOYS』であったり、
建築&インテリア雑誌の『カーサブルータス』とか

あとは年賀状のテンプレート集や
プチプラ雑貨を特集した雑誌、
飲食店のクーポンを集めたローカル雑誌だったり……。

あと小説は余り読まないのですが
かの有名な『星の王子様』をいまだ読んだことがなかったので
今更ながらちょっと読んでみたり。

非リア充のわたしが一番読まないであろう雑誌
『関西ウォーカー』も立ち読みしました(笑)。

感じたのが、自分のセンサーがその日その日によって
絶妙に変化しているんだなあということ。

このブログで彼氏へのプレゼント特集の記事を書いてから数日は
メンズファッション雑誌コーナーがやたら気になるし、

年賀状テンプレートや関西ウォーカーなんかは、
ブログネタを探してる脳でいたために潜在的に目にとまったのかな?
と思ったり。

漫画コーナーは立ち読みできないので
台に置かれているコミックスの表紙を眺めながら通過するだけなんですが、
それだけでも
『あ、この漫画家さんいまはこんな作品描いてるんだ!』
といった発見があったりします。

そしてわたし個人的にクリエイティブなことをやっている以上、
実用書や雑誌だけじゃなくこういった漫画や小説なんかにはもっと触れなきゃなあと
思ったりもしています(^^;

何も買わず立ち読みせずでも、
毎日さっと本屋を一周するだけでも、
台に置かれてる本のタイトルが目に入ってきて

テレビや新聞を全く見ないわたしも
『今の世の中がどういうものか』がさっくりわかったりするのもメリットです。

スポンサーリンク

知識が蓄積していく楽しみ

この習慣を始めてから、
それまでわたしは本屋に行っても女性ファッション誌をパラパラっと
軽くめくる程度だったんですが、

『本当はこういうのに興味があったんだな』
と自分を客観視できるとともに、

自分自身に入ってくる情報の幅がすごく増えてきたなあと
感じています。

オーブンを使わなくて良いヘルシーなお菓子の作り方から
100均で買える、高見えするお皿の情報まで
それまで知ろうともしてこなかったことに興味が沸いてきて、
そして情報が入ってくるんです。

こうやって楽しみながら情報を蓄積させていくことで、
センスに変わっていくのかなと思うと楽しみです。

実際、『センスは知識からはじまる』を7回読みしてからは
『センスをアップさせたい!』という意識はかなりアップしましたw

今は、料理を作るときにもクックパッドで『カフェ風』を検索して
見た目にこだわったりもしていますし(笑)

また、このブログももっとセンス良くできたらいいのにな~
とかも日々考えています。
これが『カラーバス効果』なるものなのでしょうか。。。?
※「自分が意識していることほど、それに関係する情報が自分のところに舞い込んでくる」という現象のこと

まだ、『センスは知識からはじまる』に書かれていた内容のうち、
ひとつしか習慣化できていません。

この課題に似た次の課題として入りやすそうな、
『コンビニに置かれている雑誌に片っ端から目を通す』
も、店員さんの迷惑にならない程度にやっていきたいと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。